「魂を映す武装の美学ー匠の伝承」京王プラザホテル 4/25(木)~6/27(木)


平安末期から現代までの合計約7振りの貴重な刀身や芸術とも言える鍔、刀装具を展示いたします。時代の様相を反映してきた日本刀の歴史や武士の装いの代名詞とも言える鎧・兜を介して受け継がれる日本人の魂と美学を紹介します。
○展示内容
・末期から現代までの日本刀の歴史
・写楽など刀を描いた浮世絵作品約10点
・細部に宿る日本の美意識、刀装具の魅力
・かまたきみこ「KATANA」原画展示
・職人技の宝庫 鎧・兜の様式美

会場:京王プラザホテル 3階/アートロビー他
   〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1
     TEL (03)3344-0111

特別イベント【トーク&特別ランチ】
 『日本の刀文化の魅力と武将の美学を学ぶ午餐会』(要予約)
 刀剣や刀装具に見る武将の美学、「刀文化」の魅力についてお話いただいたあとは、料理長八木澤大輔によるこの日限りの特別ランチをお召し上がりくださいませ。
 日時:6月6日(木)、受付11:30~/お話12:00~/お食事13:30~
 料金:一名様8,000円/会員7,500円
 会場:二階/和食かがり
 出演:刀匠 全日本刀匠会理事 河内一平
   漫画家 かまたきみこ
*詳しくはチラシをご覧ください。