「第14回お守り刀展覧会 岡山会場」12/7(土)~2/2(日)

第14回お守り刀展覧会 岡山会場

○会場:林原美術館 〒700-0823 岡山市北区丸の内2-7-15
    TEL086-223-1733 FAX086-226-3089
    Mail/bijutsukan@hayashibara-museumofart.jp
○会期:12/7(土)~2/2(日)
○開館時間:午前10時〜午後5時 ※入館は4時30分まで
○休館日:月曜日休館(祝日等休日の場合は翌日)・年末年始(12/25~1/3)
○入館料:一般800円/高・大学生500円/中学生以下無料
    ※お着物にてご来場の方 無料
    ※友の会会員・学校メンバーズ団体 300円
    ※障害者手帳提示の方・付添者 無料
    ※団体(20名様以上) 2割引

 

【イベント案内】
 ◆スペシャル日本刀対談「刀匠の弟子〜こうして技は継承されていく〜」
  日時:令和年12月8日(日)11:00~12:30
  定員:30名(事前申込不要、当日先着順)
  参加費:入館料のみ
  パネラー:明珍宗裕刀匠(兵庫県)&河内一平刀匠(長野県)

 ◆特別講演会「日本刀に魅せられて〜見る側から作る側へ〜」
  日時:令和2年1月13日(月・祝)11:00~12:30
  定員:30名(事前申込不要、当日先着順)
  参加費:入館料のみ
  講師:上山輝平刀匠(岡山県)
 ◆御刀鑑賞会
  刀身の鑑賞の作法や、見所を教えていただき、実際に手に持って鑑賞してみましょう。鑑賞を経験する中で、少しずつ刀剣用語にも慣れていきましょう。
  日時:令和元年12月15日(日)13:30~12:00
  講師:全日本刀匠会中国・四国地方支部の刀匠、刀剣職方
  定員:各15名(要予約、申込先着順)
  参加費:2,000円(保険料含む)

 ◆外装鑑賞会
 日本刀の拵(こしらえ)といわれる外装にも見所はたくさんあります。鑑賞の作法や、見所を教えていただき、実際に手に持って鑑賞してみましょう。
  日時:令和2年1月19日(日)13:30~12:00
  講師:全日本刀匠会中国・四国地方支部の刀匠、刀剣職方
  定員:各15名(要予約、申込先着順)
  参加費:2,000円(保険料含む)

 ◆御刀手入れ講習会
 お手入れの意味や方法、道具などの解説から、実演・体験を通して日本刀を安全に末永く保管していく方法を習得しましょう。
  日時:令和2年1月26日(日)13:30~15:00
  講師:全日本刀匠会中国・四国地方支部の刀匠
  定員:各10名(要予約)
  参加費:2,000円(保険料含む)

 ◆来館者が投票する市民審査員賞
 特別展入場者(小中学生の団体を除く)に投票券を配布します。心に残った作品1点を記入し、会場内設置の投票箱に投与シテいただきます。最も多くの票を獲得した作品に「市民審査委員長」を授与するとともに、投票に参加して頂いた方の中から抽選で、刀匠製作の小品をプレゼントします。

 ◆刀匠と学芸員による展示解説ツアー
  会期中の毎週土曜日 14:00~15:00(事前予約不要)

 


[template id=”2075″]

「光抱いて〜刀工 宮入小左衛門行平展」11/20(水)~26(火)

伝統技術と感性が生み出す最新作を、展示・販売いたします。
一門刀匠の川﨑晶平、河内一平、根津秀平、上山輝平の作品も賛助出品いたします。

会期:2019年11月20日(水)〜26(火)
会場:日本橋髙島屋S.C.本館6階美術画廊
   東京都中央区日本橋2-4-1 Tel03-3211-4111
時間:10:30~19:30(最終日は16:00閉場)

《ギャラリートーク》
11/23(土・祝)15:00から

第二十四回 熱田の杜 東海現代刀匠刀剣展~刀匠のあそび二十二~11/1(金)~11/26(火)

鉄と火がおりなす我が国の伝統工芸である日本刀。それぞれの刀剣には心・技・美の3要素が刀匠によって吹き込まれます。新たな生命の生み出す刀匠にとって、鍛錬・焼入れはまさに緊張の連続で、一瞬の気の緩みも許される事はありません。
また、このたびは刀剣展会期中に令和の大嘗祭が執り行われます。本年は、全日本刀匠会東海地方支部会員の下に入門・師事し、業を修めた刀匠の作品も展示します。
今回も例年通り、新作の刀剣に加え、刀匠が作刀という緊張をほぐす一服の安らぎとして遊びごころをもって製作した小品を併せて展示し、刀匠の技術の妙を披露致します。

会場:熱田神宮宝物館
会期:令和元年11月1日(金)〜11月26日(火)会期中無休
時間:9:00〜16:30
拝観料:大人・300円(250円)、小人・150円(100円)
    ()は20名以上の団体料金
主催:熱田神宮宝物館・全日本刀匠会東海地方支部
後援:全日本刀匠会

「日本刀・刀装具公開鑑賞会〜坂城町」10/20(日)のご案内

坂城町「鉄の展示館」で開催中の「髙山一之の世界展 拵・刀装具の美」に合わせまして、刀剣及び刀装具の名品を集め「鑑賞会」を開催いたします。
講師の解説つきですので、初心者の方も大歓迎です。気楽にご参加ください。

日 時:10月20日(日)
時 間:午後1時~3時
会 場:坂城町「鉄の展示館」
    長野県埴科郡坂城町坂城6312-2
    電話/FAX 0268-82-1128
     http://www.tetsu-museum.info/
参加費:一般の方は2,000円(入場料込み)
    当協会会員は無料(但し入場料のみお支払いください)
    入館の際、「会員証」をご提示ください。
※事前申込は不要です。当日直接お越しください。

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展+EVANGELION ARTWORK SELECTION」8/30(金)~9/9(月)




2007年により全4部作として劇場公開中の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズをモチーフに、全国の刀匠が制作したオリジナルの逸品を堪能できる「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」の約6年ぶりとなる東京凱旋展覧会です。

本展では、同じく全国を巡回する人気の展覧会「エヴァンゲリオン展」の中から特に貴重な原画200点を「EVANGELION ARTWORK SELECTION」として特別展示します。2020年に公開を予定している最終作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を前に、改めてエヴァンゲリオンの魅力を重層的に楽しめる貴重な展覧会です。

会期:2019年8月30日(金)~9月9日(月)
会場:新宿高島屋11階特設会場
入場料:一般1,000円、大学・高校生800円、中学生以下無料
開場時間:10:00~20:00(入場は19:30まで)、金・土曜日は10:00~20:30(入場は20: 00まで)、最終日は17:00まで(入場は16:30まで)
主催:一般社団法人全日本刀匠会事業部、朝日新聞社
協力:テレビせとうちクリエイト

BS番組出演のお知らせ〜当協会評議員の漫画家「かまた きみこ」さん〜

当協会評議委員の漫画家 かまた きみこ さんがTV出演致します。
ぜひ、ご視聴下さい。

番組名「Japanology」
日本刀の魅力に触れ「刀剣女子」たちが切り開く日本刀文化の新たな可能性を探ります。

NHK BS1(国内放送)
2019年9月17日(火)04:30~04:58
NHK WORLD(国際放送)
2019年9月10日(火)23:30~23:58

「高山一之の世界展〜拵・刀装具の美〜」2019/8/31~11/4

  • 会 期 2019年8月31日(土)11月4日(月)
  • 会 場 坂城町 鉄の展示館 〒389-0601 長野県埴科郡坂城町坂城6313-2 Tel0268-82-1128
  • 開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 入館料 500円、400円(20名以上の団体)、中学生以下無料
  • 主 催 坂城町鉄の展示館、坂城町
  • 共 催 SBC信越放送
  • 後 援 坂城町教育委員会、信濃毎日新聞社、上田ケーブルビジョン
  • 企画協力 テレビせとうちクリエイト

「刀匠 大野義光 華やかな刃文の世界」8/2(金)~10/6(日)

大野義光(1948-)は新潟市(旧黒埼町)に生まれ、大学在学中に刀鍛冶を志し吉原義人師・荘二(国家)師に入門、備前伝の刀作りを極めて行くことになりました。1976(昭和51)年、生家近くに鍛刀場を構えて独立。1984(昭和59)年には再現が困難とされる備前福岡一文字派の国宝の太刀《山鳥毛》の写しを完成させ、一躍脚光を浴びました。鎌倉時代中期の備前鍛冶が作り出した華やかな丁子乱れに迫る、やわらかな匂口の刃文。代表作《山鳥毛》写しを交え、現代刀工最高峰の一人と評される大野師の作を前期(8月2日~9月2日)・後期(9月4日~10月6日)合わせて計17口展覧いたします。

会期:2019年8月2日(金)~10月6日(日)
会場:星と森の詩美術館
  〒948-0101 新潟県十日町市稲葉1099-1
   TEL 025-752-7202 FAX 025-752-7203
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
休 館 日:火曜日
入 館 料:一般500円、小・中学生200円

【ギャラリートーク開催】
①8月3日(土)14時より
②9月7日(土)14時より
http://www.hoshi-uta-m.jp/02-exhibition/index.html#oono-g