日本刀特別鑑賞会(第22回日本刀研究会鑑賞会)11/28(火)のご案内

日本刀の鑑賞会を次の通り開催いたします。
ご来場賜りたく、ご案内申し上げます。

日本刀特別鑑賞会(第22回日本刀研究会鑑賞会)
≪会員限定≫
・開催日時:平成29年11月28日(火) 午後2時半~4時半
・開催場所:目白庭園「赤鳥庵」(和室) 東京都豊島区目白3-20-18 (JR山手線 目白駅徒歩5分)
・会 費 :2,000円(ご寄付として扱わせて戴きます)
・申込方法:FAX, E-mail, 郵送にて、氏名、住所、電話番号を記載の上お申込みください。
・参加人数:先着申込順20名(申込締切11月21日(木))

公益財団法人日本刀文化振興協会 事務局
〒115-0044東京都北区赤羽南2-4-7
鷹匠ハイツ301号
TEL:03-5249-4440  FAX:03-5249-0065
E-mail:tbk@nbsk-jp.org
URL http://www.nbsk-jp.org/

第21回「日本刀研究会鑑賞会」の風景

2017年6月6日(火)、第21回目となる、当協会日本刀研究委員会主催の日本刀研究会鑑賞会を目白庭園赤鳥庵にて開催いたしました。開催時の様子を以下にご紹介します。

日本刀研究会鑑賞会は、毎回、先着20名の会員限定企画です。
日本刀文化振興協会では、刀剣文化の普及を目的に、様々なイベントを開催しております。今後も公共性の高い活動を通して、日本刀の素晴らしさ・楽しさをご紹介して参りますので、お気軽に足をお運びください。
入場料:会員限定2000円、要事前申込。

ー出品刀ー
太刀 行秀
太刀 宗恒
太刀 助秀
太刀 助次
大小 固山宗次 天保十五年二月日
大小 源 正行 弘化二年二月日

鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
竹村講師による解説
竹村講師による解説
河端講師による解説
河端講師による解説
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景

 

日本刀特別鑑賞会(第21回日本刀研究会鑑賞会)6/6(火)のご案内

日本刀の鑑賞会を次の通り開催いたします。
ご来場賜りたく、ご案内申し上げます。

日本刀特別鑑賞会(第21回日本刀研究会鑑賞会)
≪会員限定≫
・開催日時:平成29年6月6日(火) 午後2時半~4時半
・開催場所:目白庭園「赤鳥庵」(和室) 東京都豊島区目白3-20-18 (JR山手線 目白駅徒歩5分)
・会 費 :2,000円(ご寄付として扱わせて戴きます)
・申込方法:FAX, E-mail, 郵送にて、氏名、住所、電話番号を記載の上お申込みください。
・参加人数:先着申込順20名(申込締切6月1日(木))

公益財団法人日本刀文化振興協会 事務局
〒115-0044東京都北区赤羽南2-4-7
鷹匠ハイツ301号
TEL:03-5249-4440  FAX:03-5249-0065
E-mail:tbk@nbsk-jp.org
URL http://www.nbsk-jp.org/

第20回「日本刀研究会鑑賞会」の風景

2017年2月14日(火)、第20回目となる、当協会日本刀研究委員会主催の日本刀研究会鑑賞会を目白庭園赤鳥庵にて開催いたしました。開催時の様子を以下にご紹介します。

日本刀研究会鑑賞会は、毎回、先着20名の会員限定企画です。
日本刀文化振興協会では、刀剣文化の普及を目的に、様々なイベントを開催しております。今後も公共性の高い活動を通して、日本刀の素晴らしさ・楽しさをご紹介して参りますので、お気軽に足をお運びください。
入場料:会員限定2000円、要事前申込。

-出品作品-
○短刀
粟田口吉光
保昌貞宗
長光
行光
兼氏
筑州住左
埋忠明寿

○拵
東龍斎清寿

○目貫
後藤祐乗
海野勝民
大月竹斎

○二所
横谷宗與

鑑賞の風景
鑑賞の風景
河端講師による解説
飯田講師による解説
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景

日本刀特別鑑賞会(第20回日本刀研究会鑑賞会)2/14(火)のご案内

日本刀の鑑賞会を次の通り開催いたします。
ご来場賜りたく、ご案内申し上げます。

日本刀特別鑑賞会(第20回日本刀研究会鑑賞会)
≪会員限定≫
・開催日時: 平成29年2月14日(火) 午後2時半~4時半
・開催場所: 目白庭園「赤鳥庵」(和室)  豊島区目白3-20-18 (JR山手線 目白駅徒歩5分)
・会  費: 2,000円(ご寄付として扱わせて戴きます)
・申込方法: FAX, E-mail, 郵送にて、氏名、住所、電話番号を記載の上お申込みください。
・参加人数: 先着申込順20(申込締切日2月9日)

公益財団法人日本刀文化振興協会 事務局
〒115-0044東京都北区赤羽南2-4-7
鷹匠ハイツ301号
TEL:03-5249-4440  FAX:03-5249-0065
E-mail:tbk@nbsk-jp.org
URL http://www.nbsk-jp.org/

第20回「日本刀・刀装具公開鑑賞会」の風景

平成28年11月19日(土)、東京都千代田区「ジャポニズム振興会東京サロン」にて
当協会主催の第20回「日本刀・刀装具公開鑑賞会」を開催いたしました。
今回は、刀の部門は、現代刀匠の作刀を主に初心者にも理解できるよう「形、地金、刃文」などを解説いたしました。
刀装具の部門では、江戸時代の町彫の細密豪華な作品を主に鑑賞していただきました。
今回も多くの方々にお越しいただきありがとうございました。
その様子を以下にご紹介します。

<出品刀>
刀   銘 宮入昭平作
為宗家宮入近治先生      刃長 2尺2寸1分
太刀 銘 雨洗風磨 宮入昭平作
昭和戊申年八月日         刃長 2尺4寸2分
刀  銘 勲四等 栗原昭秀作
昭和十九年五月日         刃長 2尺5寸6分
太刀 銘 高松宮殿下献上刀控
大隅俊平謹作 昭和五十七年三月吉日  刃長 2尺5寸1分
短刀 銘 以真鍛 信州住次平
神仏御加護願主 小山家修市   刃長 9寸1分
太刀 銘 於伯州延平作
昭和庚寅年秋吉日         刃長 2尺7寸九分
脇差 銘 川部儀八郎藤原正日出造之
享和三年八月日         刃長 1尺8寸2分
<刀装具>
瓜鼠図古埋忠鐔(安土桃山時代)
無銘
素銅地 金銀赤銅象嵌 覆輪

女三宮図小柄(江戸時代中期)
銘 宗與 (花押)
四分一地 片切彫

呉竹に満月図小柄(江戸時代末)
銘 夏雄刀
赤銅魚子地 金銀四分一象嵌 高彫

風吹き牡丹金具(明治初期)
銘 夏雄
金銀地 高彫

河端講師による解説
宮入講師による解説
泉講師による解説
池田講師による解説
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景

第19回「日本刀研究会鑑賞会」の風景

2016年10月25日(火)、第19回目となる当協会日本刀研究委員会主催の日本刀研究会鑑賞会を目白庭園赤鳥庵にて開催いたしました。開催時の様子を以下にご紹介します。

日本刀研究会鑑賞会は、毎回、先着20名の会員限定企画です。
日本刀文化振興協会では、刀剣文化の普及を目的に、様々なイベントを開催しております。今後も公共性の高い活動を通して、日本刀の素晴らしさ・楽しさをご紹介して参りますので、お気軽に足をお運びください。
入場料:会員限定2000円、要事前申込。

出品作品

1 太刀 西蓮 鎌倉時代後期
2 刀  貞宗 (光徳折り紙) 南北朝時代
3 刀  肥前国住藤原忠広 寛永十六年八月吉日 江戸時代中期
4 刀  肥前国住近江大掾忠広 寛永十八年八月吉日 江戸時代中期
5 刀  肥前国住陸奥守忠吉 江戸時代中期
6 刀  長曾祢興里入道虎徹彫同作 (金象嵌)坤皆断 三ツ胴 二ツ胴截断之其外所々無一不試故号坤皆断 山野加右衛門尉永外(花押) 江戸時代前期
7 短刀 城州住埋忠作 天正十八年三月日 桃山時代
8 拵  東龍斎派 寿治一作

鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
河端講師による解説
河端講師による解説
飯田講師による解説
飯田講師による解説

日本刀特別鑑賞会(第19回日本刀研究会鑑賞会)のご案内

日本刀の鑑賞会を次の通り開催いたします。
ご来場賜りたく、ご案内申し上げます。

日本刀特別鑑賞会(第19回日本刀研究会鑑賞会)
≪会員限定≫
・開催日時:平成28年10月25日(火) 午後2時半~4時半
・開催場所:目白庭園「赤鳥庵」(和室) 東京都豊島区目白3-20-18 (JR山手線 目白駅徒歩5分)
・会 費 :2,000円(ご寄付として扱わせて戴きます)
・申込方法:FAX, E-mail, 郵送にて、氏名、住所、電話番号を記載の上お申込みください。
・参加人数:先着申込順20名(申込締切日10月20日(木))

公益財団法人日本刀文化振興協会 事務局
〒115-0044東京都北区赤羽南2-4-7
鷹匠ハイツ301号
TEL:03-5249-4440  FAX:03-5249-0065
E-mail:tbk@nbsk-jp.org
URL http://www.nbsk-jp.org/

第7回「新作日本刀 研磨 外装 刀職技術展覧会」イベントの風景

「第7回新作日本刀 研磨 外装 刀職技術展覧会」に関連し、各種のイベントを開催致しました。ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

◇講演会

金沢工業大学 畝田道雄教授
『姿・機能・感性評価に着目した日本刀の「美」に関する工学的解析と考察』

畝田道雄 教授
畝田道雄 教授
石川憲一 名誉学長
石川憲一 名誉学長
講演の風景
講演の風景
講演の風景
講演の風景

◇大人の工作!「切り出しナイフ」を作ろう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形
整形

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土置き
土置き
土置き
土置き
焼入れ
焼入れ
焼入れ
焼入れ
焼入れ
焼入れ
焼入れ
焼入れ
研ぎ
研ぎ

◇ビギナー歓迎!初心者の為の刀剣講座

宮入小左衛門行平氏による解説
宮入小左衛門行平氏による解説
宮入小左衛門行平氏による解説
宮入小左衛門行平氏による解説
お手入れの実演
お手入れの実演

◇日本刀に触れてみよう!押し型のとり方を中心に・・・

阿部一紀氏による講演
阿部一紀氏による講演
阿部一紀氏による講演
阿部一紀氏による講演
阿部一紀氏による押型実演
阿部一紀氏による押型実演
阿部一紀氏による押型実演
阿部一紀氏による押型実演
押型の体験
押型の体験
押型の体験
押型の体験
押型の体験
押型の体験
押型の体験
押型の体験
押型の体験
押型の体験
押型の体験
押型の体験

◇かまたきみこさんの刀剣講座

パネルディスカッション
パネルディスカッション
鑑賞
鑑賞
鑑賞
鑑賞
鑑賞
鑑賞
玉置城二氏による押型実演
玉置城二氏による押型実演
玉置城二氏による押型実演
玉置城二氏による押型実演
玉置城二氏による押型実演
玉置城二氏による押型実演
玉置城二氏による押型実演
玉置城二氏による押型実演
玉置城二氏による押型実演
玉置城二氏による押型実演
玉置城二氏による押型体験
玉置城二氏による押型体験
かまたきみこ氏による 刃文押型体験
かまたきみこ氏による刃文押型体験

◇夏休み応援企画!手作りナイフを作ろう!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

◇女子限定!!日本刀に触れてみよう!〈ビギナー編〉

宮入氏による講義
宮入氏による講義
鑑賞方法の説明
鑑賞方法の説明
鑑賞方法の説明
鑑賞方法の説明
鑑賞方法の説明
鑑賞方法の説明
鑑賞方法の説明
鑑賞方法の説明
お手入れの実演
お手入れの実演
お手入れの体験
お手入れの体験
お手入れの体験
お手入れの体験
お手入れの体験
お手入れの体験
お手入れの体験
お手入れの体験

◇小柄小刀を作ろう

銘切り
銘切り
銘切り
銘切り
土置き
土置き
土置き
土置き
土置き
土置き
焼入れ
焼入れ
茎仕上げ
茎仕上げ
茎仕上げ
茎仕上げ
茎仕上げ
茎仕上げ
研磨
研磨
研磨
研磨

第19回「日本刀・刀装具公開鑑賞会」の風景

平成28年7月2日、文京区根津のふれあい館にて
当協会主催の第19回「日本刀・刀装具公開鑑賞会」を開催いたしました。
今回も多くの方々にお越しいただきありがとうございました。
その様子を以下にご紹介します。

出品作品

太刀 無銘 一文字 特別重要
刀  無銘 則重 特別重要 高倉健氏旧蔵
脇差 無銘 志津 長巻直し
刀  奥元平
刀  越前家継 赤羽刀
刀  信濃國真雄
刀  栗原彦三郎
刀  川崎晶平

鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
鑑賞の風景
竹村雅夫氏による解説
竹村雅夫氏による解説
宮入小左衛門行平氏による解説
宮入小左衛門行平氏による解説
阿部一紀氏による解説
阿部一紀氏による解説
阿部聡一郎氏による解説
阿部聡一郎氏による解説
水田吉政氏による解説
水田吉政氏による解説
川崎晶平氏による解説
川崎晶平氏による解説
泉公士郎氏 生田享子氏による解説
泉公士郎氏 生田享子氏による解説