「日本刀・刀装具公開鑑賞会〜坂城町」10/20(日)のご案内

坂城町「鉄の展示館」で開催中の「髙山一之の世界展 拵・刀装具の美」に合わせまして、刀剣及び刀装具の名品を集め「鑑賞会」を開催いたします。
講師の解説つきですので、初心者の方も大歓迎です。気楽にご参加ください。

日 時:10月20日(日)
時 間:午後1時~3時
会 場:坂城町「鉄の展示館」
    長野県埴科郡坂城町坂城6312-2
    電話/FAX 0268-82-1128
     http://www.tetsu-museum.info/
参加費:一般の方は2,000円(入場料込み)
    当協会会員は無料(但し入場料のみお支払いください)
    入館の際、「会員証」をご提示ください。
※事前申込は不要です。当日直接お越しください。

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展+EVANGELION ARTWORK SELECTION」8/30(金)~9/9(月)




2007年により全4部作として劇場公開中の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズをモチーフに、全国の刀匠が制作したオリジナルの逸品を堪能できる「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」の約6年ぶりとなる東京凱旋展覧会です。

本展では、同じく全国を巡回する人気の展覧会「エヴァンゲリオン展」の中から特に貴重な原画200点を「EVANGELION ARTWORK SELECTION」として特別展示します。2020年に公開を予定している最終作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を前に、改めてエヴァンゲリオンの魅力を重層的に楽しめる貴重な展覧会です。

会期:2019年8月30日(金)~9月9日(月)
会場:新宿高島屋11階特設会場
入場料:一般1,000円、大学・高校生800円、中学生以下無料
開場時間:10:00~20:00(入場は19:30まで)、金・土曜日は10:00~20:30(入場は20: 00まで)、最終日は17:00まで(入場は16:30まで)
主催:一般社団法人全日本刀匠会事業部、朝日新聞社
協力:テレビせとうちクリエイト

BS番組出演のお知らせ〜当協会評議員の漫画家「かまた きみこ」さん〜

当協会評議委員の漫画家 かまた きみこ さんがTV出演致します。
ぜひ、ご視聴下さい。

番組名「Japanology」
日本刀の魅力に触れ「刀剣女子」たちが切り開く日本刀文化の新たな可能性を探ります。

NHK BS1(国内放送)
2019年9月17日(火)04:30~04:58
NHK WORLD(国際放送)
2019年9月10日(火)23:30~23:58

「高山一之の世界展〜拵・刀装具の美〜」2019/8/31~11/4

  • 会 期 2019年8月31日(土)11月4日(月)
  • 会 場 坂城町 鉄の展示館 〒389-0601 長野県埴科郡坂城町坂城6313-2 Tel0268-82-1128
  • 開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 入館料 500円、400円(20名以上の団体)、中学生以下無料
  • 主 催 坂城町鉄の展示館、坂城町
  • 共 催 SBC信越放送
  • 後 援 坂城町教育委員会、信濃毎日新聞社、上田ケーブルビジョン
  • 企画協力 テレビせとうちクリエイト

「刀匠 大野義光 華やかな刃文の世界」8/2(金)~10/6(日)

大野義光(1948-)は新潟市(旧黒埼町)に生まれ、大学在学中に刀鍛冶を志し吉原義人師・荘二(国家)師に入門、備前伝の刀作りを極めて行くことになりました。1976(昭和51)年、生家近くに鍛刀場を構えて独立。1984(昭和59)年には再現が困難とされる備前福岡一文字派の国宝の太刀《山鳥毛》の写しを完成させ、一躍脚光を浴びました。鎌倉時代中期の備前鍛冶が作り出した華やかな丁子乱れに迫る、やわらかな匂口の刃文。代表作《山鳥毛》写しを交え、現代刀工最高峰の一人と評される大野師の作を前期(8月2日~9月2日)・後期(9月4日~10月6日)合わせて計17口展覧いたします。

会期:2019年8月2日(金)~10月6日(日)
会場:星と森の詩美術館
  〒948-0101 新潟県十日町市稲葉1099-1
   TEL 025-752-7202 FAX 025-752-7203
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
休 館 日:火曜日
入 館 料:一般500円、小・中学生200円

【ギャラリートーク開催】
①8月3日(土)14時より
②9月7日(土)14時より
http://www.hoshi-uta-m.jp/02-exhibition/index.html#oono-g

平成31年度「刀職者実技研修会」開催のご案内

「刀職者実技研修会」を、2019年8月23日(金)~8月25日(日)の日程で、開催いたします。

本研修会は、日本刀にかかわる職方の技能を継承し、職業として自立できる次代の人材を育成することを目的として開催するものです。また、研修会を支障のない範囲で一般の方々にも公開し、日本刀文化への理解を深めていただく機会としてまいります。伝統技能の習得に、熱意と意欲をもって取り組む方々のご応募をいただきたく、下記の通り研修会のご案内を申し上げます。伝統技能の習得に、熱意と意欲をもって取り組む方々のご応募をいただきたく、下記の通り研修会のご案内を申し上げます。

  • 研修部門:作刀・研磨・白鞘・白銀・柄巻き
  • 開催場所:坂城町 鉄の展示館隣接コミュニティセンター
  • 住  所:〒389-0601長野県埴科郡坂城町大字坂城6313-2 Tel 0268-82-1128
  • 研修時間:9:00~17:00(最終日は15:00まで)
  • 申込締切:受講希望の申込締切は8月8日(木)
  • 受  講  料:(3日間)会員:6,000円/一般:12,000円(会場にて申し受けます)
    • ※事前または当日に会員になられた場合には、会員価格を適用致します
  • 受講の詳細は下記PDFファイルをご覧ください。
    「刀職者実技研修会ご案内」(PDFファイル302KB)
  • 申込用紙はこちら PDF形式 Word形式
  • 研修会は一般の方に公開しています。
    • 見学無料,見学申込不要(ただし鉄の展示館への入館が必要)
    • 公開時間:10:00~16:00(最終日は15:00まで)
  • ※尚〝良い道具や材料を手に入れるのはどうしたらよいか?〟との以前ご参加の研修生の皆さまの声を取り入れ、今回は研修日の内24日25日の二日間、専門店である「並川平兵衛商店」様に特別に出張販売に来ていただくことにいたしました。是非この機会に、お買い求めください。
    【販売予定ラインアップ】
    ・研磨関係…天然仕上げ砥石・人造砥石各種
    ・鞘関係…白鞘材料
    ・金工関係…切羽・シトドメ金具、新物の鍔目貫など
    ・柄巻関係…柄糸各種
    その他、欲しい道具や材料などがある方は、8月8日までに刀文協にご連絡下さい。出来るだけ手配いたします。

「魂を映す武装の美学 匠の伝承」展 ~6/27(木)

 新宿の京王プラザホテル ロビーギャラリーにて現在開催中の「魂を映す武装の美学 匠の伝承」展も、今月の27日(木曜日)までとなりました。連日、多数ご来場いただき誠にありがとうございます。入場無料となっておりますので是非、見学にお越しください。
解説員の在廊予定は 刀文協のツイッターでお知らせしています。是非こちらもフォローしてチェックしてください。
「刀文協ツイッターアカウント:@NbskOfficial」

会場の様子
柄巻師 岡部久男
会場の様子